申込ブラック

意外な盲点申し込みブラック。他社申込過ぎに注意

インターネットの普及により非常にお金も借りやすい時代となりました。

 

以前は店舗までいかないと借りられず、若い女性は特に消費者金融と言うものに対して借りたいけど敷居が高く、店舗に足を運ぶ事が中々出来ませんでした。
今は店舗に行かずネット上でお金が借りられる時代です。

 

20年前には考えられなかった事です。時代は進化しました。
若い女性もネットやスマホから借りる事が出来ます。女性の場合はレディースローンと言った全て女性社員が対応するサービスもあります。

 

さて今回は、審査をしてブラックとは何なのかです。
これは、ウェブ上で余りにも簡単に申込みが出来る為に起きるある現象です。

 

これをしてしまうと幾らホワイトゾーンの人でも借り入れが出来ません。非常にシビアな世界です。

 

一体何をしたらいけないのでしょうか?
審査してブラックになってしまう決定的な理由は、時代の進化と共に、消費者金融側も進化しウェブ上で簡単に申し込めるようになりました。

 

ここに25歳・公務員・月収35万円の人で他社借り入れ0件の人が借り入れようとしたとします。
消費者金融側は喉から手が出る程欲しいホワイトゾーンのお客さんです。しかしこの人が、ブラック状態に1時的になってしまうのです。

 

ウェブでの申し込みは簡単です。タイピングの早い方なら1社に10分もかからないでしょう。
この方が同時に6社申し込んだとします。

 

この状態は過剰申し込みで俗に言う【申込みブラック】になってしまい、借りられるものが、借りられなくなります。

 

そして過剰申込みとして一時的にブラックにはなりますが金融事故を起こした訳ではないので時間がたつと自然消滅します。

 

審査甘い消費者金融。他社落ちた人も融資受けやすい金融業者紹介トップへ