消費者金融審査に落ちる理由

消費者金融審査に落ちる理由は何?

 

消費者金融やクレジット会社この2つの業種からお金を借りるのには必ず審査があります。審査がない会社はヤミ金と思って頂いて大丈夫です。

実際この不景気の中、審査が無いと言う時点で怪しいと言うより明らかにヤミ金と断言していいでしょう。
ここの見極めは通常の人なら簡単に出来る筈です。
しかし、多重債務になってくると大手や中堅クラスの消費者金融ではお金を借りる事が出来ず、この審査無し、と言う明らかなアウトゾーンに手を出してしまう人がいるのも悲しい現実です。
ブラックOKの消費者金融を探すよりも借金返済の相談をしたほうがいいのかも知れません
もうこの状態になると思考回路がかなりパニックに陥り正常の見極めが出来なくなってしまっています。
完全にアウトなのですが、セーフに見えてしまうのです。精神状態もかなり悪い状態です。
こうなる前に対抗手段をこうじておかないといけません。
審査に落ちる人が多い中、たくさんのお金を借りられている訳ですから、最初に借りた時の事を見つめ直すのも重要です。
審査に落ちる人にはそれぞれ理由があります。【申込みブラック】は割愛させて頂き、その他の審査に落ちる人を検証していきたいと思います。
先ず勤続年数が短い。最低でも1年は欲しい所ですね。どんなに大企業に転職しても最低1年の勤続実績は欲しい所です。そして次は収入が少なすぎる。
これは消費者金融から見ればこの人にはチョット融資は厳しいなと判断される材料の1つです。大きく分類するとこの2パターンですが、細かく細分化すると切りがないのでご容赦下さい。
先ずは勤続年数と年収です。